script要素のdefer属性

9月 29, 2009 · Posted in HTML, JavaScript 
Post to Google Buzz
このエントリーをはてなブックマークに追加

既存のJavaScriptの修正をしていると、読み込んでいるはずの関数がなぜか参照できず。
なぜだろう・・・と、ふとJavaScriptのタグを見ると見慣れない属性が付いてました。

<script defer="defer" type="text/javascript" src="xxxx.js"></script>

defer属性。これが原因でした。

deferは、「延ばす」「譲る」のような意味なので、この属性を指定するとscriptの中身を後で評価し、ページのレンダリングを妨げないようにすることができるようです。

今回は初期動作には必要のないJavaScriptなので、レンダリングの妨げにならないよう、defer属性が付いていた模様。

外部JSの容量が大きく、表示に影響が出ている場合には、この属性をつけてレンダリングを優先させるといいようですね。

今まで知りませんでした。

Comments

Leave a Reply