FlexSDKのバージョンアップ

10月 2, 2009 · Posted in AIR, Flex 
Post to Google Buzz
このエントリーをはてなブックマークに追加

先日FlexBuilderで使用しているFlexSDKを3.1から3.4にバージョンアップしました。
すると今までは問題なく使用できていたAdvancedDataGridなどのビジュアルコンポーネントのところがなぜかエラーに。。。

原因としては、無償のFlexSDKにはビジュアルコンポーネントが含まれていないために起きたエラーでした。

ということで、下記からビジュアルコンポーネントをダウンロードしてインストール。
  http://www.adobe.com/cfusion/entitlement/index.cfm?e=flex3sdk

手順は簡単。
FlexSDKのディレクトリに落としてきた「Adobe Flex 3.4 Data Visualization Components for Flex Builder」の中身を上書きコピー。
これだけでインストール終了です。

ついでに、「Adobe AIR 1.5.2 SDK」もいれて、FlexSDK3.4 + Adobe AIR 1.5.2 の開発環境も整えました。
  http://www.adobe.com/jp/products/air/tools/sdk/

これも先程と同じく「Adobe AIR 1.5.2 SDK」の中身をFlexSDKのディレクトリにコピーしてあげるだけでOKです。

※注意※
Mac OS Xは、フォルダをコピーすると上書きではなく置き換えになってしまうようです。
dittoコマンドでコピーするのが良いようです。
ditto /Volumes/AIR\ SDK/ "/Applications/Adobe FlexBuilder 3 Plugin/sdks/3.3.0"

Comments

Leave a Reply