TortoiseSVNで変更があったファイルだけをエクスポート

4月 7, 2010 · Posted in その他 
Post to Google Buzz
このエントリーをはてなブックマークに追加

Subversionのクライアントソフト「TortoiseSVN」の便利な使い方をご紹介。

Webサーバにアップする際、コミットしてある情報から必要な差分ファイルのみを抜き出したいことがあると思います。「TortoiseSVN」を使用すれば、特定期間の差分ファイルのみを取得できます。

  1. 作業コピーのルートのディレクトリを右クリックして、「TortoiseSVN」メニューから「ログを表示」。
  2. ログが出るので、比較したいリビジョンを選ぶ。Ctrlキーを使って、2つ選ぶ。
  3. 右クリックして、「リビジョンを比較」。
  4. 比較結果が出るので、エクスポートしたいファイル選択する。
  5. 右クリックして、「選択をエクスポート」。
  6. エクスポート先を指定して出力。
    ディレクトリ構造を保ったまま出力されます。

差分ファイルのみ欲しい!差分ファイルのみサーバにアップしたい!というときにご活用ください。

Comments

2 Responses to “TortoiseSVNで変更があったファイルだけをエクスポート”

  1. […] 【参考サイト】 TortoiseSVNで変更があったファイルだけをエクスポート http://rontan.sakura.ne.jp/2010/04/tips_tortoisesvn_export/ […]

  2. PukiWiki Plus! (PukiWiki/TrackBack 0.3) on 3月 24th, 2017 1:38 PM

    Mye/手順書/開発/納品用ソースプログラム

    納品時のソースプログラムの集め方 ▲ ▼eclipseを使用する場合 バージョンによってできない・・・? ▲ ▼TortoiseSVNを使用して変更があったファイルだけを集める エクスプローラで右クリックし、TortoiseSVN->リポジトリブラウザー 下記を入力or選択 URL:svn://192.168.13.123/svn-rep ログを表示し、変更が入る前のバージョンと、最新のバージョンを選択し、右クリックし「リビジョンを比較」 「変更されたファイル」ウィンドウの…

Leave a Reply