iPhoneアプリ開発:ステータスバーの非表示設定

6月 19, 2011 · Posted in iPhoneアプリ 
Post to Google Buzz
このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhoneアプリでステータスバーを非表示にしたい場合、次の設定をするだけで良い。

  1. アプリの設定ファイルの「<プロジェクト名>Info.plist」を開く。
  2. 新しい項目として「UIStatusBarHidden」を追加する。
  3. 値のデータタイプをBooleanにし、値のチェックボックスにチェック(true)を入れる。
  4. ファイルを保存する。

これでプレビューを実行してみると、ステータスバーが非表示になり、全画面表示されるようになる。

設定ファイルではなく、プログラム上からも同じ設定をすることができる。
プログラム上で設定する場合は、UIApplicationクラスのstatusBarHiddenプロパティを設定することで、同じように設定できる。

ただし、これだけではウィンドウやビューの設定は、ステータスバーがある設定となっているため、こちらの設定も変える必要がある。

  1. MainWindow.xibと各ビューのxibファイルをInterfaceBuilderで開く。
  2. Attributesインスペクタを開き、StatusBarの設定を「Unspecified」に変更する

Info.plistの修正だけでなく、上記のxibファイルの設定も忘れずに変更する必要がある。

Comments

Leave a Reply